ゼロからの仮想通貨

仮想通貨バブル期より取引量の多いBTC

 

仮想通貨のデータ分析を得意とする「DataLight社」が公表した内容によりますと、ビットコインの総取引高は2017年末のいわゆる仮想通貨バブルに沸いたタイミングよりも今年5月段階ですでに1.5倍もの取引額が増量していることが判明したわけです。

 

価格で比較するとバブル期には完全に200万円を超えた金額まで上昇しているわけですから、今回日本円にして150万前後までしか上昇していない状況から考えますと取引額の増加は驚異的なものといえる状況です。

 

市場参加者ひとりあたりの資金投入量は明らかに大きくなっており、一体だれが買い向かっているのか益々その内容を知りたくなるような状態が続いています。

 

こうした背景にはまずトランザクションの手数料が上昇していることが挙げられます。

 

小分けに売買するとそれだけ手数料がかかるので一回の取引量を増やしているという可能性はかなりありそうです。

 

これはマイニングを行う業者が減少していることが大きな要因となっているようですが、今後もこうした傾向が継続するのかどうかは大きな注目点になりそうです。

 

足元では米ドルベースの金が大きく上昇しており1トロイオンスあたり1400ドルを突き抜ける動きとなって一旦は押し戻されている状況です。

 

これはビットコインもよく似た動きをしているわけですが、これだけ米株が上昇し、しかも市場では驚くほど債券市場に資金が及んでいる中にあって金やビットコインにまで資金が流入していることが一体市場変化の何を示唆しているのかははっきりしておりません。

 

リスク回避を意識している市場参加者が増加しているのか、あるいは利益を生む投資先がすでに見当たらないことから資金を金やビットコインに投入しているのか理由が今一つ理解できないというのが正直なところとなっています。

 

投機性の強いビットコインのことですから一気に上昇すればもちろんそれなりのリカクがでて価格は下がる局面もあるのですが、前回の暴騰時期と比較しますと一定の下値の堅さがかなり感じられ、みなが短期的に相場に入っては逃げていくという状況にはないことも見え始めてきています。

 

さすがに今我々が入手できる情報だけでは新興国などから逃げてきている資金以外に誰が積極的にビットコインを買っているのはは不明ですが、おそらく理由はひとつだけではなく、複合的要因が重なりあうことで足元の状況が示現していることは間違いなさそうです。

 

ここからのビットコインの動きにはさらに注目が集まりそうな状況になってきています。