ゼロからの仮想通貨

フェイスブックの仮想通貨のホワイトペーパーが公開

フェイスブックがかねてから開発を進めているとされてきた独自の仮想通貨・リブラのホワイトペーパーが公開されました。

 

このホワイトペーパーで強調されているのはシンプルなグローバル通貨と金融インフラを可能にし、数十億人の人々をエンパワーすることで、やはり投機という視点ではなく決済、流通の部分を非常に重視していることがあらためてわかる内容となっています。

 

とくに国を超えたクロスボーダーの送金需要の高まりに着目し、銀行口座を持たないひとでも利用できる送金体制を確立しようとしていることが非常によくわかります。

 

このリブラのプロジェクトではブロックチェーンを利用することでそれを解決しようしているようですが、既存のビットコインがスケーラビリティ上の問題から送金に酷く時間がかかっている問題をどう解決していくことになるのかが非常に注目されるところとなりそうです。

 

驚くのは初期の創業メンバーとしてラインナップされた企業で、決済関連はマスターカード、ビザ、ペイパル、PayU、ストライプが参入していることで、カード会社はやはこうしたプラットフォームが国際的な送金業務を銀行から肩代わりするであろうことを相当意識していることがわかります。

 

またテクノロジー・マーケットプレイスの分野ではブッキングホールディングス、eBay、 フェイスブック子会社のCalibra,、ファーフェッチ、リフト、メルカドパゴ,、スポティファイ AB、ウーバーテクノロジーズが名を連ねており、送金のみならず課金決済などにもこの仮想通貨が広範に使われそうな状況を示唆しています。

 

通信はボーダフォン、イリアドが参入しており、ブロックチェーンとしてはアンカレッジ、 Bison Trails、コインべース、ザポが参入している点が目立ちます。

 

フェイスブックとしては今後こうした参加企業を100社近くまで厚め、2020年前半には実際に立ち上げることを目指しているようです。こうなりますと決済市場は大きく変化することが予想され、既存の仮想通貨にもかなりの影響を及ぼすことが考えられます。

 

場合によっては仮想通貨の淘汰が進むことも考えられるだけに今後の具体的展開がどのようになるのかに注目していきたいところです。

 

大手の仮想通貨への参入は業界地図をいきなり塗り替えることになるため、決済系でのソリューションを目指してきたアルトコインの一部には相当なダメージになることも考えられ、ここからの仮想通貨選びは一段と慎重さを求められることになりそうです。